2011年06月27日

尾崎の橋が通れるようになりました

ドシャ降り、単独訪問。河北総合センターで「みんなの大川」への意見を聞き取る。又25日から仮設住宅への入居が始まりました。普及へ向けて少しづつ進んでいきますね飯野川中学校の避難所も以前の2/3位の人数になった印象です。その後、大雨の中を尾崎へ訪問しました。長面側の仮の取り付け道路ができて交互通行ではありますが、渡れる様になりました。小型トラックで瓦礫の撤去活動が始まっておりました。橋から左側はまだ、瓦礫が残っていて、徒歩でしかいけませんですが、車でここまでこれるという事はすばらしいことです長面は状況は変わっていません。釜谷や間垣は瓦礫の撤去は進んできましたが今後の事は復興計画が決まってからになるのかもしれません


posted by みんなの大川 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。